そもそも古銭って、どれくらい価値があるの?

時には信じられないような高値もつく

江戸時代の小判が発見されて何百、何千万円という価値がついたという話は稀にありますが、そのレベルでなくても古銭には大きなロマンがあります。古銭になぜ大きな価値がつくかと言うと、現在は製造されていないという希少性が影響しています。製造されていませんし、お金自体どこかへ失くしてしまったりショップで換金するなどして総数が時間の経過と共に少なくなるので古いほど価値が上がる傾向にあります。 ただ、古ければ古いほど良いという単純な話でもなく、見分けがつかないほど錆びて劣化していたりボロボロになっていると価値がつかないこともあります。故に古銭で大きな価値があるのは、きちんと文字などが判別できて見た目的にも美しいものに限られます。

買取価格は、お店によりけり

古銭は、古着などのように多くの方の需要はなく一部のマニアや研究者だけにしか需要がありません。需要の面で考えるとあまりありませんが、歴史を考える上で大変貴重なものであることに変わりありません。なのでマニアや研究者にとって喉から手が出るほど欲しい品も多くあり、何万、何十万円という値で取引されます。中でも全国ニュースになるような貴重な古銭が発見されたら何百万円という値がつきますが一般的ではありません。 買取価格はお店によりけりで、それぞれのお店が欲している古銭であれば高くなります。小判を中心に買取していたり、とにかく価値が低くても古銭を大量に買い取りたいと思っているお店もあります。どのお店が何を求めているのか判断することが大切です。